今日も地球は動かない 【遊戯王最新情報&2chまとめ】 大前研一氏 「レバ刺し禁止は政府の過剰反応だ。余計なお世話はやめろ!フグは、死者が出たからといって禁止になっていない」
トリつけて適当に嘘フラゲ情報を上げても釣れそうな雰囲気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大前研一氏 「レバ刺し禁止は政府の過剰反応だ。余計なお世話はやめろ!フグは、死者が出たからといって禁止になっていない」

454PP

昨年、レバ刺しで亡くなった方が何人かいらしたが、これに厚労省は過剰反応していると思う。
鶏卵のサルモネラ菌や生ガキで食中毒になる人はレバ刺しより多い。しかし、禁止になっていない。
フグも、死者が出たからといって禁止にはならない。
ならば、レバ刺しを調理する人もフグ調理師のように免許制にして講習を受けさせればいい。
管理を厳格化することで、食べたい人には食べさせればいいじゃないかと思う。
BSE(牛海綿状脳症)問題が起こった後、私の好きな骨付き肉は日本から消えてしまった。
骨に付いた部分がおいしいのに、それが食べられなかった。余計なお世話はやめろと言いたい。
わが日本政府は、やらなきゃいけないことはやらないで、余計なお世話をする。大阪・橋下徹市長が怒るのも、ここにある。


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120715/dms1207150702001-n1.htm




4 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:47:02.50 ID:cZ654xBY0
フグはちゃんとした料理の技術があるからだろ

6 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:47:05.40 ID:1ODXpYqS0
>免許制にして講習を受けさせればいい
やったら「天下り先」と言い出すくせに

10 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:47:34.63 ID:yKZ3dk1Q0
言いたいことはわかるが、だったら過剰な反応をしまくって政府あげくに「日本が悪い」みたいに騒ぎまくるマスゴミおよび市民団体をまず批判しろ

15 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:48:39.40 ID:hazq86Ch0
河豚は食える部分とくえない部分がはっきりしててその知識を問うのが河豚調理師
レバーはどれがヤバイのかわからないから免許云々以前の問題
結論、こいつはアホ


22 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:49:24.40 ID:Ub71N2kg0
>ならば、レバ刺しを調理する人もフグ調理師のように免許制にして講習を受けさせればいい。
>管理を厳格化することで、食べたい人には食べさせればいいじゃないかと思う。

免許があったらO-157に汚染された肉でも除菌できるのか
すぐに医学論文にまとめて学会に提出しろwwww


27 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:49:39.35 ID:ONA37NaE0
許可したら「国が認めた生レバのせいで食中毒おこした!謝罪と賠償を!」って奴が列をなすだろ

37 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:50:36.96 ID:LUD9amha0
生食用のレバ刺しがいつ禁止になったんだ?
生食用じゃないものを、さも生食用のように日本人を騙して食べさせていたのが
禁止になっただけだろ。

73 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:54:51.51 ID:lVwYFnnzO
こんにゃくゼリーいじめでお馴染みの野田聖子先生もレバ刺し大好きらしく
「自己責任にしろ!規制すんな!」などとどの口かで主張しております

100 :名無しさん@13周年:2012/07/15(日) 12:57:12.11 ID:hlDQ9vgD0
問題が起きたら政府批判
規制したら政府批判
いったいどうしろと?







免許なんて作っても菌は殺せません。そんな施設制度作るだけ金の無駄

どうせ自己責任にしても訴える人がいるだろうから規制しかない

スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

2012-07-15 : ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

鋼鉄の石

Author:鋼鉄の石
EGAMIYUIです。




ブログ更新頻度について

フリーエリア!

かうんたー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。